読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日台友好

日本と台湾は運命共同体

f:id:zipangest7:20170308113247j:plain

前書き

いきなりですが現在の我々日本人は普通に考えれば物凄くおかしな社会に全くそうは気付かされずに生きているという奇妙な状況の中に普通に暮らしています。この奇妙な状況に日本人を追い込んだのは近視眼的に見れば確実に日本人が日本人を追い込んでいますが、もっと広い目でこの国家の状況を見れば奇妙な状況に日本人を追い込んでいる日本人の後ろにいるのは確実に外国勢力です。

その日本人に日本人を追い込ませる外国勢力とは第二次世界大戦前は私が以前のアカウントでブログに書いた様にソ連であり、戦後すぐにはアメリカであり現在は間違いなく中華人民共和国です。いわゆる「反日日本人」という非常に奇妙な連中が一般社会からマスコミ、政界にまで当たり前に存在して公然と日本国内で反日運動を行える裏側には確実に中華人民共和国の影響があります。前政権であった民主党政権下で初代の総裁である鳩山総理は「友愛」を掲げ「日本は日本人だけのものでは無い」と述べ「沖縄の米軍基地は最低でも県外」とのマニフェスト自民党から政権を奪い取りました。

その時の有権者は何も変わらない自民党政権に不満を持っていた事は確実だと思います。「民主党政権になれば日本が良くなる」と期待していたのは事実でしょう。現実に民主党マニフェストは「高速道路の無償化」「ガソリン税の廃止」「子供手当の充実」「民主党政権下では消費税は上げない」と非常に一般庶民にとって魅力的な言葉が並びました。しかし彼らが政権を取った後にこれらのマニフェストで何か現実に出来たものがあるのかを良く考えてください。何もありません。これが共産主義思想です。「民衆の心を掴む」という第一段階では共産主義者は聞こえの良い綺麗事を並べてその時点の既存の政権の弱点を徹底的に批判します。政治家は聖人ではありません、普通の人間の集まりです。したがってどんな政権にも必ず欠点はあります。共産主義者はその欠点をまずは徹底的に批判し民衆には自分は庶民の味方だという甘い公約で心を引き付け、まずは権力者の位置に自分が上がる事だけを考えます。後は国家権力の座に登れば自分たちに反逆する思想を持つものを粛清していくだけです。この姿が現在の中華人民共和国です。民衆と交わした約束などは彼らにとって公約でもなんでも無く自分達が権力を得る為の手段です。

「その国家の権力を手にする」

その為であれば彼らは誰とでも手を結びどんな嘘でも平気で付きます。一旦権力を手に入れればどんな手段を使ってでもその座を守ろうとします。実は我々の平穏な生活の一番の敵は確実にこういう思想を持つ連中です。

支那の歴史

中華人民共和国は日本に対して「支那と呼ぶな」と言ってきていますが私がここで触れたいのはあの場所の王朝の歴史の特徴であり中華人民共和国の歴史などに触れるつもりも無く触れる必要も無いと考えています。それでも「支那と呼ぶな」と申されるのであればどう呼べば良いのでしょうか? 「中華王朝の歴史」とも私が説明したい歴史は違う訳であり、あの場所を何と呼べば良いのか是非伺いたい思いです。

勿論皆様が知っておられる通り支那の歴史は革命の歴史です。革命後は徹底した前王朝の関係者の虐殺と文化の破壊、前の王朝の王族の墓まで壊して徹底的な粛清が行われてきた訳ですが、ただ一つだけ決して中華王朝とは呼べない王朝がありその王朝こそが支那の王朝の中で最も巨大であった歴史を現在の支那の皆様はどう考えておられるのかも是非伺いたい気持ちです。

その王朝名は「元」でありこれは中華王朝では決してありません。モンゴルから万里の長城を超えてチンギス・ハーンが設立したこの王朝は、当時のユーラシア大陸を殆ど制圧し神聖ローマ帝国よりもはるかに巨大な国家を支那に打ち建てました。このモンゴル人による支那王朝だけは最後まで中華思想になど全く染まっていません。彼らは自分たちの王朝がいつかは滅びる事を最初から考えていました。世界で初めて民族による差別支配をこの王朝が行ったのはその為です。勿論モンゴル人は最上位に位置しましたがその下に白人国家の国民を置き一番下にそこにいた支那人民を置いたのは支那の歴史上でこの国家だけであり、モンゴル人は自分たちの王朝が滅びればモンゴルに戻って遊牧民として暮らす事を常に考えていました。従って「自分たちが世界の中心だ」という中華思想には絶対に至らずにその結果としてこの王朝だけはその末期に全く大量虐殺を受けずにモンゴルに撤退しチンギス・ハーンの血を受け継ぐものは現在でも存在します。この王朝は支那の歴史の中では別格です。

しかし他の王朝は現在の中華人民共和国も含めて全く同じです。「王朝創成期」「王朝膨張期」「王朝衰退期」そして新たな革命による新王朝の誕生です。この「王朝衰退期」はまずは地方の軍閥の台頭から始まり宗教の普及、それに伴う民衆の決起によって革命が起こります。現在の中華人民共和国は間違いなくこの「王朝衰退期」です。

支那共産主義

私は別に共産主義国家を全否定はしません。マルクスエンゲルスの考えたこの思想はかなり高等なものであり忠実に守れば優れた社会体制を生み出します。ベトナムキューバがそうでありホームレスが一人もいない国家と言われるほど社会体制は充実しています。

しかし共産主義思想が厄介なのはこの思想だけを錦の御旗にして現実は全く本来の共産主義とはかけ離れた体制になる非常に危険な要素を含む点です。崩壊したソビエト連邦や現在の中華人民共和国北朝鮮がそうであり本来の趣旨とはかけ離れた独裁国家になり一般大衆の自由は極めて厳しく束縛されます。

もう一つこの共産主義国家の欠点は民間の技術が全く進まない事です。国民すべてが国家公務員となり競争の原理が働かなくなります。「すべての労働は国家の為」と言えば聞こえは良いですがこの「国家」とは民主主義国の「国家」とは全く違います。現実には独裁している政党の為であり独裁者の為です。共産主義国家が法治国家では無く人治国家と言われているのはその為で法律や憲法よりも特定の政党や特定の人間の感情が常に優先します。そんな状況下で自由な研究が出来る訳も無く技術の進歩は自由主義国家に大きく離されていきます。

我が国に存在する奇妙な問題

さて、難しく退屈な話はこれくらいにして現実の我々の置かれている奇妙な状況に目を向けましょう。

まずは差別問題です。現実に現在の日本は非常に奇妙な方向に向かっています。

例えば身体障害者精神障害者に対する言葉です。目が見えない人を「メクラ」、耳の聞こえない人を「ツンボ」、足の不自由な人を「ビッコ」、頭がおかしな人を「キチガイ」と呼ぶことは厳しく規制されています。現在漢字変換すらできません。これは日本語の文化の破壊です。こんなおかしな規制があるでしょうか?    こういう規制は日本の報道を妨げ日本の文学の発展を阻害し良い事は何もありません。

目の見えない人に「目の不自由な人」は良くて「メクラ」は使えません。しかし現実にはこの二つは同じ意味であり目の不自由な人にとっては何も変わりません。差別発言の禁止とは本来差別を受けている人を助ける為にあるものです。この言葉の規制で何か救われる人が出たのでしょうか?  そうでないのならこれは「言葉狩り」です。我々は奇妙な言葉狩りの中で生活する事を強要されています。

例えば私は釣りが好きです。私は他人が私の事を「釣りキチ」と呼んだところで全く傷つきません。阪神タイガースのファンの人は「虎キチ」と呼ばれて不愉快になるでしょうか?  無茶苦茶な規制です。

こんな規制は昔はありませんでしたが年々厳しくなっています。この規制に加担しているのが「部落解放同盟」や「在日朝鮮人」です。一部の「人権派」と呼ばれる弁護士集団も同じです。彼らはこの背後にマスコミに巧みに入り込んだ中国共産党の意図が全く見えていません。昔はオートフォーカスの誰でも扱えるカメラを「馬鹿チョン」と普通に呼んでいましたがこれも今では禁止されています。「朝鮮人を差別しているから」というのがその理由です。そういう人は日本の歴史を勉強してください。「馬鹿でもチョンでも」と呼び出したのは江戸時代です。当然当時は在日朝鮮人などいません。この場合の「チョン」は「、」の事です。字が書けず「、」しか解らない人間の意味です。この言葉のどこが朝鮮人差別になるのか是非答えてください。

この中国共産党の圧力は沖縄の米軍基地問題になると如実にその正体を表します。外国人の政治的な運動は勿論法律で禁止されています。ですから彼らは自分たちの思い通りになる日本人をこの運動に参加させる訳です。

さて、もうすぐ地震のあった3月11日です。昨年この日にテレビで多額の寄付をくれた台湾の人を「台湾の住民」と呼び私はテレビ局に何度も電話しました。台湾は立派な独立国家です。「台湾国民」が当然でしょう。「地区で分けている」との苦し紛れの回答を貰いましたが全く納得していません。ではアメリカからの寄付をその州別に分けて発表するのでしょうか? それに何の意味があるのでしょう。こちらのほうがくだらない「言葉狩り」より確実に差別です。私は今年も同じ報道がされれば納得するまで電話するつもりです。私の意見に同意していただけるかたは是非ともご協力お願いします。台湾国民を侮辱する行為は絶対に黙って見過ごせません。一方で差別を禁止しているマスコミがもう一方で差別を助長しています。台湾の総統が蔡英文大統領に変わったとたんに台湾関連のニュースを流さない現在の状況も異常です。彼らの背後に中国共産党の影響があるとしか私には思えません。

支那と対峙する日本と台湾

私がここまで述べてきた事を理解してもらえる外国は世界中で台湾だけだと考えていますし台湾以外には理解してもらう必要も無いと思っています。日本と台湾はともに支那の近くに昔からあり、ともに中華王朝の属国では無かった歴史を持っています。また現在ともに支那の圧力を受けています。「日本は近隣諸国に恵まれていない」との言葉を良く聞きますが日本にとって台湾は運命共同体として今後も良好な関係を築いていける日本にとって唯一の近隣諸国です。

現在の中華人民共和国にとって香港は経済的に絶対に放せない拠点であり台湾や沖縄は軍事的な橋頭保として無視できない存在です。ですから彼らは我々の様に中国共産党の批判をする人間が邪魔だと考えていると思います。

しかしそんな理屈で向こうが来るのであればこちらとしても同じです。少なくとも日本も台湾も平和を望んでおり国際法を無視して南シナ海に侵攻する中華人民共和国とは違います。我々が中華人民共和国に求めているのは国家の独立であり内政干渉は止めろという当たり前の理屈です。この中華人民共和国に同調して日本を攻撃しているのが南北朝鮮です。

本来なら膨張して侵略行為を続ける中華人民共和国をたしなめるのが少なくともアメリカと軍事同盟を結んでいる韓国の役割です。ところが彼らが中華人民共和国に文句を言った事を私は一度も知りません。そういう彼らの事大主義はいずれ彼らの国家を滅亡に追い込むと私は考えています。国家として困った問題が起こった時に助けてくれる国を自分から排除している姿は哀れとしか言いようがありません。

私は一国の独立を中華人民共和国が認める筈も無く日本領である尖閣諸島の領有権を彼らがあきらめるとも絶対に思えません。最終的には武力でけりを付けるしか無いと思っています。だからこそ日本は早く憲法改正して独自の軍隊を持ち徐々にアジアからアメリカに手を引かせるべきだと思っています。尖閣諸島の攻防にアメリカ軍の力を頼る事には絶対に反対です。アメリカと支那の歴史などあまり変わりません。幕末の日本に武力で開国を要求したのはアメリカであり開国した日本が力を付けると石油の輸出をいきなり止めて日本を戦争に追い込んだのもアメリカです。どちらもご都合主義の自分勝手な国家です。尖閣諸島の海底油田が発掘されたら半分よこせとアメリカが言ってくる可能性もあります。

とは言っても現在の日本から米軍がいなくなるとそれは困ります。旧大日本帝国軍を解体し日本に現在の憲法を押し付け日本国内に米軍基地を作ったのはすべてアメリカの都合であり知らぬ顔で撤退を仄めかす等許せる事ではありません。しかしトランプ政権の誕生は長い目で見れば日本や台湾にとっては朗報であり支那にとっては悪夢の始まりです。長期的にはどう見てもアメリカの勢力は衰えて日本はしっかりとした独立国に近づいていくでしょう。憲法改正を焦る必要はありません。日本の外側からその機会は必ず訪れると私は楽観しています。我々はそれまで相当な我慢を要求されるでしょうが一歩ずつ前に向かっていきましょう。明るい未来は我々の次の世代の為にも我々でつかみ取るべきです。

後書き

現在から考えれば、という話ですが我々日本の政治はミスを重ねてきたと私は思います。戦後の朝鮮と台湾の立場は明らかに台湾のほうが上だったと思います。朝鮮人戦勝国民でも敗戦国民でも無い「三国人」であったのに台湾は中華民国であり明らかに戦勝国側の立場です。日本人が朝鮮に賠償金を払いその後も投資を続けてきた代わりに台湾に投資していればもっと良い現在の関係が出来ていたと思います。

私が南北朝鮮の投稿を殆どしないのは相手にする必要も無い事ともう一つは我々の先人の業績を傷つける事になると思うからです。朝鮮問題はあくまで日本国内の問題であり朝鮮人たちは我々保守系の動画も見ていると私は思います。だからこそ一番彼らに効くのが徹底した「無視」であると私は考えています。「何をしてきても無視」、この態度が朝鮮の後ろにいる支那を焦らせる最大の要因になると思います。

特亜での我々の敵はあくまでも現在の中華人民共和国であり日本が台湾と手を結びロシアと講和出来れば完全に中華人民共和国を包囲できます。我々の役割は敵を作る事でも叩く事でも無く味方を増やす事によって敵を焦らす事です

中華人民共和国は日本にも台湾にも「孫子の兵法」を使ってきています。孫子支那人ですが優れた思想家であり戦に勝つ為に人間の心理を巧みに利用して敵の城を内側から崩す方法を徹底して追及しました。ところがこの「孫子の兵法」には弱点もあり白人国家相手にこの戦法が通用した事は一度もありません。現在はともかく白人は有色人種など人間とは最初から考えておらず確実に支那人以上に凶暴でありこんな戦法は何の役にも立ちません。逆にこの「孫子の兵法」が一番通用するのは間違いなく日本人に対してでしょう。日本人は情にもろく相手の立場を考えて行動してしまうので結果としてこの戦法が通用してしまう訳です。台湾のかたも同じだと思います。

しかしこの日本人や台湾人の特徴は民族の美点でありこれからも大切に残すべきだと私は思います。だから我々はしっかりと手を組むべきだと私は思う訳です。現在まで日本は支那の間接的な攻撃しか受けていないのに対して台湾の人は直接的に攻撃を受けています。まずは情報を得ましょう。「孫子の兵法」を我々は否定するのでは無く発展させて武器に使うべきです。何度も言いますが孫子支那人です。支那人が作り上げた戦術は本来は最も支那人に効くものです。我々は内側から攻撃されていますが、やり返せば相手も内側から崩れていきます。

私は昨年支那からの帰化人と交通事故を起こすまでは「中国人にも良い人も悪い人もいる」と考えていましたが現在は全く違います。日本人に対しては通常は彼らはみんな良い人です。通常で無くなった瞬間から彼らの本性が現れてきます。「泣き落とし」が通用しないと解ると独自のネットワークを使って私を「当たり屋」呼ばわりしてきました。こちらは粛々と証拠を集め裁判の準備をしています。事故を起こしたコンビニも弁護士から要求されると防犯カメラで映した事故の直前までの映像を提供してくれました。人から何と言われようとも私には一切妥協する気持ちはありません。

「心を強く持ちましょう」、それだけで勝利できます。